BAGELの仕込みの色々

おはようございます。
BAGELは、材料がシンプルなだけに、作る過程が色々あって、その違いで味や食感などが変わってきます。
Cooでは、捏ねた後に冷蔵庫で低温発酵してから分割成型をしていますが、捏ねた後にすぐに分割成型してから低温発酵するお店や捏ねて発酵分割成型という店もあります。食感の違いや、味の違いがここでも出てくるようです。また、BAGELの最大の特徴であるゆでる工程でも違いがあり、裏表30秒ずつ、1分ずつ、2~3分ずつ、片面だけゆでるものと色々です。長くゆでると皮がさっくり厚めになります。これもまた、味や食感の違いとなってくるのです。面白いですよね。

今日のBAGEL

ブランミューズリー、無花果胡桃、シナモンレーズン、大納言、うぐいす豆、クランベリー、ココア、Wチョコ黒
、Wチョコ白です。
[PR]
by coosdining | 2009-08-18 10:39 | bagel
<< 夏らしい夏はどこに? エコな食べ物 >>